HOME>松月院で歴史をたどろう>松月院で歴史をたどろう

作家も愛した寺院と風景を味わう

板橋区の赤塚にある松月院は、その正式名称を萬吉山宝持寺松月院といい、板橋十景にも選ばれた、大変由緒正しい曹洞宗の寺院です。松月院は、いかにも禅寺のお寺らしく、手入れの行き届いた広々としたお庭がとても印象的です。大堂の阿弥陀如来坐像は、板橋区の登録有形文化財になっています。木造で黒漆塗りの仏像は、平安後期の様式特有の優雅なお姿をしています。また、境内の墓地には康正2年に下総での戦いに敗れ、市川城から赤塚城、また石浜城などに入部した千葉一族(武蔵千葉氏)の墓地があります。さらには、「次郎物語」で有名な作家、下村湖人の墓もあります。湖人は、松月院のある赤塚付近の風景が大変気に入り、作品にも登場させていて、ここ松月院にもよく立ち寄っていたそうです。さらに、当院には、板橋区指定有形文化財に指定されていて、歴史資料としても価値の高い、徳川家康の朱印状の実物も保存されています。徳川の朱印状は、その多くが明治政府のもとで回収や削除、または墨塗りなどの処置がされているため、このように現存する実物はとても貴重なものといえます。幕末には、砲術家として著名な高島秋帆が)西洋式の砲術訓練を行った時に、この松月院に本陣を置いたことでも有名です。松月院の近隣には、東京大仏で有名な乗蓮寺や赤塚植物園などの観光スポットもあり、散策や散歩コースにはぴったりな場所といえるでしょう。

NEWS